たど★がし

アクセスカウンタ

zoom RSS 瀬戸内国際芸術祭に行ったのだ_(_^_)_ 小豆島編

<<   作成日時 : 2010/09/25 23:53   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

円高で海外旅行のチャンスなのに、まったく予定が立たないため断念(+_+。)。

そして、夏休みが迫ってきた1週間前に、突然決めたのだ。

「瀬戸内国際芸術祭」にいくじょーっ!


島を巡る船の便が少ないため、飛行機、移動時間あれこれ計算して、

コースは必然的決定。初日は小豆島へ。(=°-°)ノ


高松フェリーのりば  bQ Liminal Air -core- by大巻伸嗣
画像



76 フラワー/ハッピースネーク byジョゼ・デ・ギマランイス

芸術祭の会場あちこちにある観光案内板。なんかかわいい。
画像


高松から高速艇で小豆島へ=(*・∀・)ノ
画像


まずは小豆島の観光! エンジェルロード ・・・干潮時に道がつながる道

とあったので干潮時に行ったけど、道が乾いてたんで、ずっと道つながってるようだじょ。
画像


59 宝船 by豊福亮  

金色ってガイドにあるけど黄土色っぽかった。宝船とは思えない・・・遠目に見ておしまい。
画像



62 土と生命の図書館 by栗田宏一  たどのお気に入りっ!☆(>▽<)o!!!

土の色ってこんなにいろいろあるの!? とビックリ(@o@)
画像


採取した順番に並べただけとあるんだけど、きれいな色見本みたい。
画像


作者のコメント。文字もやわらかくてかわいい。
画像


土と生命の図書館が展示してあった旧小学校前。のどかな風景の中、これからアートがはじまるのだ。
画像



65 わらアート(制作中) by武蔵野美術大学わらアートチーム

地元の方(たぶん)と一緒に制作が始まったばかり。ぞうとくじらができるそうです。
画像


小豆島には農村歌舞伎が残っている。これはその肥土山農村歌舞伎舞台。
画像



63 島−人が島を夢想するとき「森」「径」「泉」 by安岐理加 のひとつ「森」

ハシゴを登って小さな箱をのぞくと、枝にぶらさがった鈴が鏡に映ってみえる。
画像


もうひとつの作品「径」  人や動物が通るとそれに反応して、白いオブジェが光る。
画像


64 海を繋ぐもの by 丹治嘉彦

小豆島と新潟の漁の網を重ねて、流木にかけてある。
画像



66 小豆島の家 by王文志  ダンナさんのお気に入り! たどもスキ!o(・∀・)o"

竹で作った大きな家。上でごろりん。気持ちのいい風が抜けていく。
画像


そして遠くの田んぼに竹が刺さってるダダン・クリスタントの「声なき人々の声」という作品を見ながら、

69 つぎつぎきんつぎ by岸本真之  作品の名前がかわいいじょ。

きんつぎって割れた陶器を繋いで補修する技術。
画像


たどは「初恋の来た道」で、大泣きしたシーンを思い出したじょ。(修理はきんつぎじゃなかったけど)

島民が使っていた陶器を集めて、つないであるのだ。
画像




9月なのに、9月の後半なのに、9月20日なのに、この酷暑はなんなんだーーっ! でしたが、

自然の中を歩きながら、アートが楽しめて、大満足の初日だったのよーん。
画像



更に元気を出すため、高松でおいしいものを食べに行ったのだ。(^u^)

刺身盛り合わせを頼んだら、かわはぎの刺身&肝が。かわはぎの肝はおいしかったよぉ〜。
画像


初日はこれでおしまいヽ(´▽`)/




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
瀬戸内国際芸術祭に行ったのだ_(_^_)_ 小豆島編 たど★がし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる