たど★がし

アクセスカウンタ

zoom RSS 瀬戸内国際芸術祭 2日目 女木島編

<<   作成日時 : 2010/10/02 18:39   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

男木島から女木島へ移動。

女木島につくと迎えてくれるのが、カモメの大群なのだ。

40 カモメの駐車場  by木村崇人

風に吹かれてふらふら、ふらふら。たのしいよぉヽ(^。^)丿
画像


カモメの水兵さんは、島のあちこちにいるのだ。
画像


35 20世紀的回想 by禿鷹墳上  ピアノからは音楽が流れている。
画像


36 MEGI HOUSE by愛知芸大・瀬戸内アートプロジェクト

opera glassという入口。左側の壁が「R壁」
画像


下にしきつめてあるのは、陶片。10万個余焼いたそうです。欲しかったけど、写真でがまん。
画像


R壁の裏。星のオルゴール。ときどき音がしていた。
画像


庭まで続いてる大縁側。炎天下でなかったら、出ていってころがりたい。_(_^_)_
画像


opera glass(エントランス)の水盆。瀬戸内の水の深さを表現しているそうだす。
画像


福武ハウス2010 にあったラストカフェ。 *福武ハウスの作品はすべて写真禁止。プチけちくさいにゃ。

ここで飲んだ「オリーブサイダー」は、600円もしたけど、暑さも手伝ってか、むちゃくちゃおいしかった。
画像


このカラフルな壁と同じ絵のビニール性のコースターをおみやげにもらえる。
画像


39 均衡 by行武治美

細く小さくした鏡をつなげて、納屋の中につりさげてある。
画像


きらきらきれいだった。
画像


画像


さて、「めおん」というフェリーに乗って、女木島から高松へ。
画像


本当はもうひとつ、「ファスナーの船」という作品があったのですが、メンテナンスのため休航。

ファスナーの形をしてて、海を走ると、ファスナーで海を開いていくみたいなのだ。

見たかったのに、残念( ̄ω ̄;)

それから、女木島は、別名 鬼が島。数ある桃太郎伝説のひとつ。
画像


高松に戻って、見落としていた作品をチェック。

bP ピー・アール・オー・エム by椿昇  

中には「CO2に反応して画像が変わる作品」が展示されてた。
画像


以上で、2日目の芸術祭は終了。

またまた「おいしいもの食べるかにゃ」で、歓中店(よろこびなかみせ)へ。

刺身盛り合わせをお願いしたら、なんとも新鮮なお刺身たちーーーっ。
画像


これ、穴子の刺身。割と歯ごたえのある食感で、穴子の味がした。
画像


たどのだいだいだい好きな「さば寿司」。

おいしさにとろけて死にました(@o@)  新鮮なさばって最高!
画像


2日目も、美味しいもの食べて、よっぱらって、ぐー、なのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
瀬戸内国際芸術祭 2日目 女木島編 たど★がし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる